株式会社アイネットテクノロジーズ

Microsoft Edge for Business がリリースされました

皆様、こんにちは。
アイネットテクノロジーズ早坂です。初めましての方はどうぞよろしくお願いします。
 
皆様ブラウザは何をお使いでしょうか?
私はプライベートでは Google Chrome、業務では Edge、Chrome など複数を使い分けています。
今まさにこのブログも Edge から書いており、あらゆる現場でなくてはならないツールかと思います。
 
その Edge に最近謎の鞄のアイコンが表示されるようになりました。今回はこのアイコンについて、掘り下げてみたいと思います!
 
 

1.突然出現した鞄アイコン

鞄アイコンについて調べてみるとどうやら「Microsoft Edge for Business」なる機能に紐づいているようです。
すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、Microsoft 社の Web サイトでもこの鞄アイコンについて言及されていました。
以下抜粋します。
 
Q. Edge for Business が利用可能になったときのユーザー エクスペリエンスはどのようなものになりますか?
A. Edge安定バージョン116リリースが展開され、ブラウザが再起動された後:Microsoft Edge アイコンがビジネス向けエッジ アイコンに更新されます」
 
 
つまり、鞄のアイコンが表示されているのは Microsoft Edge for Business が有効になっているということなのですが、
これでは何も解決していませんね(笑)引き続きいくつかの観点で整理してみたいと思います!
 
 

2.Microsoft Edge for Business を利用すると何がうれしいのか?

AI の活用を含む様々なブラウザの機能を、より安全 + ガバナンスが効いた状態で活用できる(もしくは、これからなっていく)ことかと思います。
Microsoft 社によると Microsoft Edge for Business は「ビジネス向けの最適なブラウザー」を提供するとのことですが、どういった利点があるのでしょうか。プレビュー含めいくつかの機能が実装されていますが、主要なものをピックアップします。
 
  • Bing チャット(AIチャット)エンタープライズを利用できる
  • Edge の構成を IT 管理者が管理できる(Microsoft 365 管理センターでの Microsoft Edge の管理)

  • MS セキュリティ製品との連携により、Edge のセキュリティを高めることができる
  • Windows 版 Edge の Moblie Application Management(MAM)機能が利用できる(Intune アプリ保護ポリシーや条件付きアクセスとの連携)

 
このほかにも便利なユーザー機能が複数実装されているようです。
※ それぞれの詳しい説明は以下に記載がありますので、今回は割愛させていただきます。
 
参考情報:Microsoft Edge for Business
 
注目すべきは、ゼロトラストセキュリティの思想に合わせた、セキュリティ・ガバナンスを打ち出している点かと思います。
昨今ブラウザ上で様々なことができるようになっており、デバイスや他のアプリケーションと同じように、
今後より一層のセキュリティ保護が必要になると思いますが、そういった要求に応えた機能かと思います。
 
 

3.エンド ユーザーへ周知が必要なことは何か?

Microsoft Edge for Business は自動的に有効化される機能ですが、ユーザーへの周知としては何か必要なのでしょうか。
ざっくりですが、以下が必要かと思います。
 
  • 8 月 中旬以降に Edge が更新されると、左下隅にブリーフケースが含まれるようになります。
  • 今回の更新で、現在関連付けられているすべてのパスワード、お気に入り、およびデータに影響は発生しません。
  • 鞄アイコンのついた Edge のショートカットがデスクトップに表示される場合があります。ご利用中の機能には影響しません。
  • 仕事用プロファイルと個人用プロファイルの両方にサインインしている場合、個人用と仕事用のブラウジングを
    自動切り替えする機能が追加されています。オフにしたい場合は、以下の Edge の設定画面からオフにすることができます。

  • 最初の一回のみですが、ブラウザ更新後、ブラウザーの上部に 1 回限りのバナーが表示され、
    更新内容を案内する Microsoft の Web サイトのリンクが表示されます。
 
※ 上記は現在 MS より公開されている以下の情報からピックアップしています。

参考情報1:Microsoft Edge for Business FAQ
 
参考情報2:マイクロソフトエッジビジネスは近日公開予定です メールテンプレート1.oft
 
まとめるとユーザーの Egde の利用方法に影響を及ぼすような大きな機能の変更はまだないものの、
鞄アイコンやバナーの表示など普段と少し違う表示がされるようになる、ということですね。
 
シームレスに機能が有効になりますし、機能自体の更新頻度も高いことから、すべてを管理部門からエンドユーザーに周知することは現実的ではありませんが、問い合わせなどを想定し、準備を行う必要はありそうです。必要に応じて社内 QA 等に追加いただくのが良いかと思います。
 
 

4.Microsoft Edge for Business の活用にあたって、今後どういった検討が必要なのか?

最後に少しだけ新機能の中身をのぞいてみようと思います。
今回は IT 管理者向けに Microsoft 365 管理センターでの Edge の管理機能について覗いてみたいと思います。
 
Microsoft 365 管理センターを開くと「Microsoft Edge」という項目が追加されていました(以前はなかったはず!)
 
 
この環境の言語設定は日本語ですが、英語表記となっています。今後のアップデートに期待ですね。
現時点では翻訳ツールを駆使する必要がありますが、もう少し探索してみようと思います。
 
設定項目としては今のところシンプルで、構成用のプロファイルを作成し対象に割り当てるといった構成のようです。
どういったことが制御可能か、については以下に記載がありました。
今までも GPO などで構成していたプロキシ設定やホームページ設定の他にもエッジワークスペースの設定ができるようです。
またアドオンの管理もあるようなので、昨今のアドオンの脆弱性を利用した攻撃への対策の一選択肢になりそうです。
 
参考情報:Microsoft Edge – Policies で利用可能なポリシー
 
 
現在は GPO でブラウザの構成を管理されている組織も多いかと思いますが、
今後のアップデート次第では、 Microsoft Edge for Business に置き換えるといったこともあり得るかもしれません。
大前提として、クラウドサービスはどんどん新機能が増えますので、それを管理するためにも管理方法をクラウドに移していきたいところです。
 
ちなみに Microsoft Edge については、Edge 向けの Intune セキュリティベースラインが 2023年5月に更新されています。
こちらも構成検討の一助となるかと思います。
 
参考情報:Microsoft Intune の Microsoft Edge セキュリティ ベースライン設定リファレンス
 
 

5.さいごに

Microsoft Edge for Business は正式にリリースされていないプレビューを多く含む機能であり、
実際の運用に有益なものかどうかも含め、今後のアップデート次第かと思います。
成熟までまだ時間がかかりそうですが、昨今盛んな AI も搭載されたことですし、当社ブログでも折を見て取り上げていきたいと思います。
 
本記事が少しでも皆様の参考となれば幸いです。
 
アイネットテクノロジーズ 早坂

【お問い合わせ】
株式会社アイネットテクノロジーズ
Email:info@inet-tech.jp
https://www.inet-technologys.com/contact
 
【他記事もご覧ください】
アイネットテクノロジーズ ブログ
https://www.inet-technologys.com/blog

【RECRUIT – 採用情報 – 】
▼ 応募手続き:ミイダス(事前登録が必要です)
https://miidas.jp/partner_apply/408160

アイネットテクノロジーズ
INET-TECHNOLOGY'S

当社は、ゼロトラストネットワークを基本とし、Microsoft365やDefender for Endpoint(旧MDATP)、Microsoft Sentinelなどを使用したCyber Attack診断からシャドウIT PoCなど、コンサルティングから導入までをお手伝い致します。

当社は、ゼロトラストネットワークを基本とし、Microsoft365やDefender for Endpoint(旧MDATP)、Microsoft Sentinelなどを使用したCyber Attack診断からシャドウIT PoCなど、コンサルティングから導入までをお手伝い致します。

関連記事

Microsoft 365 E3 に追加提供される機能

皆さん、こんにちは。 アイネットテクノロジーズ 上口裕樹です。 前回は、Microsoft 365 E3 を検討されている皆様向けのブログを投稿させていただきました。 Microsoft 365 E3 をご検討の皆様へ Part1 今回は、Suite を購入いただくことで新たに提供される機能についてご紹介いたします。 Microsoft 365 E3 とは、Office 365 E3、EMS E3、Win E3 が包含されている Suite ライセンスのことです。 赤枠の E3 という部分が該当します。 Office 365 E3、EMS E3、Win E3 が包含されていますので、当然3つのライセンスに含まれる機能が利用できます。 ただし、単体を購入した場合のいずれにも含まれませんが、Microsoft 365 E3 を購入した場合に含まれる機能があります。 現在、判明しているのは以下の5つです。 Bing Chat Enterprise 商用データ保護を備えた、チャットベースの生成AI検索ツール。 お客様データはLLMのトレーニングに使われることなく、安全な形で利用可能です。 参考URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/bing/chat/enterprise/?form=MA13FV Microsoft Clipchamp 経験がなくても、プロフェッショナルに見えるビデオを作成するためのビデオ編集ツールです。 参考URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/clipchamp Microsoft Loop チームがプロジェクトのすべての部分を 1 か所にまとめ、 既に使用しているアプリとデバイス間で共同作業を行う共同作成アプリです。 参考URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-loop アバター for Teams ユーザーが、その日の外観、スタイル、 または気分を表現する Teams 会議用にカスタマイズされたアバターを作成できるサービスです。 参考URL:https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-teams-blog/avatars-for-microsoft-teams-in-public-preview/ba-p/3774421 Windows Autopatch Windows 10、Windows 11、Microsoft Edge、Microsoft Teams、 Microsoft 365 のソフトウェア更新プログラムを管理および自動化するサービスです。 参考URL;https://techcommunity.microsoft.com/t5/windows-it-pro-blog/windows-autopatch-has-arrived/ba-p/3570119 詳細はこちらのURLもご参考ください。 Microsoft 365 E3追加機能ライセンスについて | Microsoft Learn 2023年、Microsoft のライセンスは複数回にわたって価格の見直しが発生しておりその都度、 お客様からは厳しいご意見を頂いている場面をよく見かけます。  しかし、Microsoft も単に値上げを行っているだけではなく、更に付加価値を高めるための活動を日々続けているため、 新たに利用可能となった機能を一つでも多く活用することができれば、コスト減にもつながると考えています。 Microsoft 365

「Bing Chat」が「Copilot」へリブランディングされました

皆さん、こんにちは。 アイネットテクノロジーズ 中山です。   日々の業務や、日常生活で調べ物をする際、Bing Chatを利用したことはありますか? Microsoftはこれまで「Bing Chat」および企業向けに「Bing Chat Enterprise」の呼称で提供してきたAIサービスを、「Copilot」という名にリブランディングし、AIサービス全体が「Microsoft Copilot」に統一されました。 これによりChromeやSafariなど、あらゆるWebブラウザからCopilotが利用可能になり、モバイルアプリもまもなく登場するとのことです。   今回はMicrosoft 365 Copilotについてご紹介したいと思います。   Microsoft 365 Copilot(コパイロット)とは?   Microsoft 365 Copilotは、OpenAIのGPT-4をベースにした大規模言語モデル(LLM:Large Language Model)をTeams、Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどの各Officeアプリケーションに組み込み、次世代 AI の力を活かしてユーザーの多様な要求に応えるデジタル アシスタントです。これにより組織内のチームやメンバーの生産性向上や業務効率化を改善するためのツールとなります。また、Microsoftのセキュリティ体制に基づいて、データ保護に万全を期しています。自社のデータをしっかりと守り、情報漏えいのリスクを軽減することができます。   ここでMicrosoft 365 CopilotとOfficeアプリの間でどのように利用ができるのか、具体的にご紹介したいと思います。     Word 最初にプロンプトを入力することでCopilot が新しいコンテンツの下書きを作成してくれます。これにより、白紙の状態から悩むことがなく、時間の節約ができます。また、Copilotへ簡単な指示を出すだけでテキストを表化、要約、概要の作成 等様々な作業をサポートし、ドキュメント作成の効率を向上させることができます。   Excel テーブル化されたデータが入ったExcelファイルを開いたときには、Copilotにそのデータの分析を指示することができます。例えば「売上のデータから読み取ることができる傾向は何か」と尋ねることで、それを分析した結果からグラフや表を作成してくれます。 また、関数の作成をCopilotにお願いすることもできます。これらの機能により、Excelでのデータ分析や集計の効率を向上させることができます。ただし、現時点では英語のみの対応となっていますが、今後日本語でのプロンプトに対応予定です。   PowerPoint 簡単なプロンプトを入力することで先週 または 去年作成したドキュメントから関連するコンテンツを追加し、美しいプレゼンテーションを短時間で作成できます。また、Microsoft 365 アプリケーション内のデータと連携して傾向を分析し、複雑な情報をチャート、グラフ、ダッシュボードを通じて最適な設計アイデアを作成することができます。   Outlook Copilotを使用すると、より良いメールを迅速かつ簡単に作成するのを支援し、受信者に適切に伝わるようにサポートしてくれます。また、Outlook上から各商談・案件と連携し、商談管理のサポートや、長いメールスレッドについて情報を迅速に把握し、内容を要約してくれる強力なツールとなります。   Teams Teams会議でCopilotを使用すると、会議中にリアルタイムで、誰が何を言ったのか、どこで人々の意見が一致しているか、意見が相違しているのかなど、主要な議論のポイントを要約し、アクションアイテムを提案できます。 また、会議が終了した後でも、会議の [要約] タブを利用することで、議論した内容やどのような問題が解決されたのか 等の会議内容を把握できるようになり、会議やチャットの効率を向上させることができます。     Microsoft 365 Copilotの導入について Microsoft 356 Copilotを利用するには、「Microsoft 365 E3 or E5」「Business Standard」「Business Premium」のいずれかと「Microsoft 365 Copilot ライセンス」の両方が必要です。現時点ではMicrosoft 365 Copilot ライセンスは月額30ドル(約4,200円)で利用可能となっておりますが、Copilotの情報は常にUpdateされますため、最新情報をご確認いただければと思います。   AI活用の新時代は必ず来ます。ツールの利用だけでなく、ビジネス・組織・環境・人に対しそれぞれ準備が必要だと考えます。 まずはMicrosoft 365 E3 から始め、Copilot 生産性の革命へのステップを踏んでみてはいかがでしょうか? Microsoft 365の導入やプランの見直しをご検討する際は始め方・運用・体制づくりについて、ぜひ一度ご相談ください。   【お問い合わせはこちら】 info@inet-tech.jp

Business&Law CIRCLE 2024 企業法務×弁護士 ネットワーキングカンファレンス登壇

皆さん、こんにちは。 アイネットテクノロジーズ 上口裕樹です。 2023年も様々なセミナーなど企画・参加をさせていただきましたが、今年もいろいろやります! ということで、この度 2024年1月29日(月)に Business&Law 合同会社様が主催されるカンファレンスに登壇いたします! Business&Law CIRCLE 2024 企業法務×弁護士 ネットワーキングカンファレンス登壇 無料【豪華ゲスト登壇】Business&Law CIRCLE 2024 ~企業法務×弁護士のネットワーキングカンファレンス(軽食/ドリンク付き)~ – Business & Law(ビジネスアンドロー) (businessandlaw.jp) 開催:2024年1月29日(月)17:00-20:00 場所:丸ビル ホール&カンファレンススクエア 地図:map01 (marunouchi-h-c.jp) タイトルにもあります通り、今回は主に法務に特化した内容のカンファレンスとなっております。 アイネットテクノロジーズで法務と言えば、Microsoft Purview ですね。 セキュリティリスクは外的要因だけでなく内的要因も非常に多いことが、ここ数年で特に知られていると思います。 今回のカンファレンスでは、当社が提供している「Modern SOC Service」をご紹介いたします! 大切な企業情報をどのようにして守るべきか。 どのようにして漏洩を検知して対処するのか?などを中心にお伝えできればと思います。 株式会社アイネットテクノロジーズ info@inet-tech.jp

CONTACT

TELEPHONE