株式会社アイネットテクノロジーズ

【セミナー開催 8/30(水)】Microsoft Purview によるコンプライアンス対策の始め方

皆さん、こんにちは。
アイネットテクノロジーズ 上口裕樹です。

この度、マイクロソフト様との協業で 8/30(水)にオンラインセミナー@Teams を開催させていただくことになりました。

昨今、外部からの攻撃が国内外において非常に増加していることが喫緊の経営課題となりセキュリティ対策は進みつつあるようですが、
コンプライアンス対策に関しては世の中的にまだまだ進んでいないような印象を受けております。

本セミナーでは、そもそもコンプライアンス対策ってどう進めればよいのか?といった基本的な内容から、
実装したあとの運用方法や必要となる体制づくりに関してご説明いたします。

【日程】2023年8月30日(水)15:00~16:30
【場所】オンライン/Teams
【対象】情報セキュリティ部門長もしくはそれに準ずる方

当日の主なアジェンダはこちらです。
15:00~15:05 開会のご挨拶
15:05~15:50 Microsoft Purview によるコンプライアンス対策の始め方
15:50~16:20 Microsoft Purview と必要な体制づくり
16:20~16:30 Q&A 

参加用URLを下記の通りご案内いたします。
Microsoft Events – 組織の内外のデータ漏洩、悪用にどう備えるか!! Microsoft Purviewによるコンプライアンス対策の始め方

月末のお忙しい中ではございますが、是非ご参加くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

アイネットテクノロジーズ
INET-TECHNOLOGY'S

当社は、ゼロトラストネットワークを基本とし、Microsoft365やDefender for Endpoint(旧MDATP)、Microsoft Sentinelなどを使用したCyber Attack診断からシャドウIT PoCなど、コンサルティングから導入までをお手伝い致します。

当社は、ゼロトラストネットワークを基本とし、Microsoft365やDefender for Endpoint(旧MDATP)、Microsoft Sentinelなどを使用したCyber Attack診断からシャドウIT PoCなど、コンサルティングから導入までをお手伝い致します。

関連記事

Microsoft Purviewによるコンプライアンス対策セミナーを受講しました

皆さん、こんにちは。 アイネットテクノロジーズ 中山です。   先日、Microsoft様と協業開催の「Microsoft Purviewによるコンプライアンス対策の始め方」を受講しましたので、ブログにて共有したいと思います。 まず、Microsoft Purviewについて簡単に説明しますと、Azure上やオンプレミスにある文章やファイル等の様々な種類のデータをスキャンし、 機密性のある情報を自動的に分類することにより、データの損失防止や、情報の保護、インサイダーリスク管理など、 データを様々な角度から保護をする構成を作り出すことができるソリューションです。       昨今騒がれているデータ漏洩・個人情報漏洩については、組織外からの攻撃だけではなく、 従業員による人的ミスや、外部へ情報を不正に持ち出すことによって情報が漏洩してしまうケースも少なくありません。   そういったデータに対する悪用を未然に防ぎ、万が一情報が流出した場合はアラートとして検出し、 迅速な対応ができるサービスがMicrosoft Purviewです。 ここからは、Microsoft Purviewによる主なデータセキュリティ構成を3点程ご紹介したいと思います。   ①機密情報のアクセス権管理(Microsoft Purview Information Protection) アクセス権が管理された秘密度ラベルを作成し、組織内の各ドキュメントへラベルを適用させることにより、 ドキュメント単位でのアクセス権の管理や、ラベルが適用されたファイルに対しての操作ログを取得することができるソリューションです。 Microsoft 365 のアプリやサービスに組み込まれており、クラウド上で一元的にポリシーの構成や管理が可能な点がメリットです。     ②DLPソリューションによる情報流出防止(Microsoft Purview Data Loss Prevention) 組織がデータ損失防止ポリシーを一元的に管理することにより、ユーザーが機密データを不適切に共有・保存・使用するのを 防ぐことができるソリューションです。 Microsoft 365サービス、Officeアプリケーションだけではなく、Windows 10/11・macOSのエンドポイントデバイス、 オンプレミスのファイル共有とSharePoint、およびMicrosoft以外のクラウドアプリまで拡張して動作させることが可能です。 例として、Teams上で機密情報(クレジットカード番号等)を投稿しようとするとブロックされるポリシーが構成できます。       ③リスクのあるユーザー活動の把握による内部リスク管理(Microsoft Purview Insider Risk Management) 組織内の悪意のあるアクティビティや不注意によるアクティビティを検出、調査、対処できるようにすることで、 内部リスクを最小限に抑えるのに役立つコンプライアンスソリューションです。 調査が必要と判断されたユーザーに対し、情報流出につながる可能性のある行動をしたかどうか Office 365とデバイスの監査ログから分析し、組織内部の隠れたリスクを特定します。                                 いかがでしたでしょうか。 今回ご紹介したソリューションは一例に過ぎません。 Microsoft Purviewは資産全体のデータを一元管理できることや、ラベル付けによるデータの自動分類、 情報流出および内部不正への対策ができるソリューションとして多くの企業に選ばれています。   当社は、Microsoft Purviewに関する導入実績も多数ございますので、 Microsoft Purviewの始め方・運用・体制づくりについてご検討の場合は、ぜひ一度ご相談ください。   【お問い合わせはこちら】 info@inet-tech.jp

Microsoft Teams Rooms ライセンスについて

皆さん、こんにちは。 アイネットテクノロジーズ 上口裕樹です。 当社では、現在 Teams Rooms の実証実験を行っている真っ最中ですが、その中で Teams Room ライセンスってどういうサービスが 含まれていたか少し振り返りも兼ねて皆様に情報共有させていただきます。少しでもお役に立てば幸いです。 Teams Rooms とは・・・ Microsoft Teams Rooms | Microsoft Teams ご存じの皆様には、敢えてご説明は不要かもしれませんが 簡単に言うと「Microsoft Teams と連携してさらに快適な Web 会議を行うことを目的とする専用デバイス」と言って差し支えないと思います。デバイスは、logicool , Yealink , Lenovo , Jabra など多数のメーカーで取り扱いがあります。 (ご紹介しているURLには更に多くのメーカーが掲載されています) 本題の Teams Rooms ライセンスですが、プランは2つ用意されています。  ・Microsoft Teams Rooms Basic  ・Microsoft Teams Rooms Pro プランの詳細については下記、URLをご参照ください。 https://learn.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/rooms/rooms-licensing Basic では、基本的な会議機能やホワイトボードなどの基本的な機能は利用可能です。 Pro では、基本機能に加えて Azure AD Premium P1(Entra ID P1)と Microsoft Intune P1 が含まれています。 すでに Azure AD などをお使いの場合や社給PCなど企業管理を行っている場合は Pro ライセンスをオススメしております。 あと、これは私個人的に大きなアップデートだなと感じていることですが、2023年7月よりTeams Rooms Pro ライセンスには Microsoft

クラシック Teams アプリ が 2024年3月31日以降利用できなくなります

皆さん、こんにちは。 アイネットテクノロジーズ 上口 裕樹です。 突然の質問で恐縮ですが、本ブログをご確認の皆様は Microsoft Teams を利用していますか? 当社は、Microsoft ソリューションに強みを持つ企業ですのでもちろん日々の業務で利用しているのですが、 なんと、クラシック Teams アプリが2024年3月31日以降利用できなくなるというアナウンスがありました! (一部、VDIやコンシューマに関する内容は除きます) 以前、新しい Teams アプリが利用できるようになった際のブログを2023年10月に投稿しました。 https://www.inet-technologys.com/blog/1296 あれからまだ3ヶ月しか経過していないのですが、早くも2024年3月31日以降は新しいTeamsアプリに切り替わるという・・・。 今回かなり思い切ったスケジュールですね。確かに、新しいTeamsアプリにはメモリ使用率の削減や、アプリサイズを削減するなど、 かなり力が入っているのは確かですが、クラシックTeams アプリで利用していたリンクがうまく動作しないなど課題もあります。 実際には順次切り替えになっていく可能性もあるので、若干のタイムラグはあるかもしれませんが、 クラシック Teams アプリが利用できなくなるとこんな画面が出るようです。 2024年4月1日以降になってみないとまだわからないこともたくさんありますが、 今から準備できることはやっておいた方がよさそうです。 参考URLはこちら。 クラシック Teams ユーザーが新しい Teams に自動的に更新される – Microsoft Teams |Microsoft Learn 当社では、今回のような切替に関するご支援や、ヘルプデスクなどもご提供しております。 是非、ご相談ください。 株式会社アイネットテクノロジーズ info@inet-tech.jp

CONTACT

TELEPHONE